器材点検(オーバーホール)と器材修理の依頼方法
ダイビング器材は、過酷な条件(塩水/高温多湿)の中で、使用
され続けています。よ〜く洗っているつもりでも、徐々に塩分
が蓄積され続け、最後には潮噛みによりフリーフロー(エアーが
出っ放しになる)や、Oリング磨耗等の原因となります。貴方
の安全ダイビングのためにも、1年に1度は器材点検に出しま
しょう。また、不調器材や故障している器材はありませんか?
安全ダイビングのためにも、器材はちゃんと使えるようにして
おきましょう。マリンキャッツは全てのメーカー器材を扱って
います。器材の点検/修理は、何なりとお申し付けください。

器材メンテナンスキャンペーン期間
毎年11/10〜3/31まで

毎年、上記期間は器材メンテナンスキャンペーンを開催しています。
期間内は、下記のキャンペーン特典が準備されていますので、ご利用
ください。上記記載の期間以外では、通常料金での受付となります。


器材メンテナンスキャンペーン特典

【器材点検(オーバーホール)】
 ・期間中、全ての工賃より¥500割引します。
 ・マリンキャッツで購入された方は¥1,000の割引。
 ・お見積りは無料です。
 ・故障してる器材はありませんか?この機会に修理にお出しください。
  マリンキャッツで購入いただいた器材修理は無料〜10%OFF!

 
器材点検(オーバーホール)について
1.点検(オーバーホール)できる器材
 ・レギュレーター ・オクトパスレギュレーター ・BCD ・ダイブコンピューター
 ・ゲージ ・ドライスーツ給排気バルブ ・その他
 ※上記以外についてはSTAFFへご相談ください。
2.点検(オーバーホール)の依頼方法
 ・点検を依頼する器材をマリンキャッツまでお持ちください。
 ・STAFFへ点検(オーバーホール)依頼してください。
 ・お見積り金額を出してもらってください。
 ・2〜3週間にて点検(オーバーホール)があがってきます。
 ・マリンキャッツより完了の旨、連絡させていただきます。
 ・ピカピカになった器材を受け取り、料金の清算を済ませてください。

器材点検(オーバーホール)料金
点検(オーバーホール)料金
器材種類 オーバーホール工賃(税別) 不良交換部品代
レギュレーター ¥8,000  点検、水没検査の結果、
 不良と思われる部品や
 定期消耗部品(Oリングや
 ゴム部品等)を交換しま
 す。この交換した部品
 については、工賃とは
 別に精算となります。
オクトパス
レギュレーター
¥4,000
ゲージ ¥4,000
BCD ¥4,000
ドライスーツ給気バルブ ¥4,000
ドライスーツ排気バルブ ¥4,000
ダイブコンピューター ¥5,000
ダイブコンピューター電池交換 ¥6,800
※オーバーホール料金は、上記、オーバーホール工賃と不良交換部品をプラスした金額に、
 メーカー宛の送料となります。器材をお預りした時点で、お見積りをお渡ししますので、
 ご確認ください。分からないところや疑問点はご遠慮なくスタッフへお尋ねください。
※また、上記以外の器材点検についてはSTAFFへご相談ください。

忙しくてご来店できない方は、
 ・宅急便にてマリンキャッツまで器材をお送りください。
 ※必ず、お名前/住所/電話番号(携帯電話可)/メールアドレスを添付してください。
 ・マリンキャッツにてお見積り金額を連絡させていただきます。
 ・金額等OKの場合はそのまま進行させていただきます。
 ・2〜3週間にて点検(オーバーホール)があがってきます。
 ・マリンキャッツより完了の旨、連絡させていただきます。
 ・ピカピカになった器材を受け取り、料金の清算を済ませてください。
 ・もし受取りに来店できない場合は、金額の振込確認後”着払宅急便”にて指定場所へお送りします。
※必ずご本人様の連絡先(携帯電話等)をご記入ください。連絡先がない場合は、着払宅急便にて返却と
 なります。ご了承ください。
 器材送付先
〒244-0816 横浜市 戸塚区 上倉田町 382
 横浜マリンキャッツ 器材メンテナンス部 宛
 TEL 045−881−7041 / FAX 045−870−1090